行政とともに地域を盛り上げる

東京都中小企業診断士協会の認定研究会「企業内診断士フォーラム」の「行政が企業内診断士に期待すること」のパネルディスカッションの内容をまとめました。

行政とともに地域を盛り上げる

東京都中小企業診断士協会の認定研究会「企業内診断士フォーラム」で、「行政が企業内診断士に期待すること」を題材に中小企業診断士の資格を有する中小企業庁職員の勝本光久さん、市役所勤務の中小企業診断士の谷池公治さんとパネルディスカッションを行いました。

勝本さんは、地域の若手経営者グループに支援策を紹介したり、グループ間の交流の場を設ける等の支援をしていました。製品・商品の魅力を引き出す活動もしています。

谷池さんは、民間企業や他の中小企業診断士と連携して、地元の企業が、創業する企業を応援する仕組みを作られました。地元企業、創業企業、各種支援が循環して、仕組みが自走できることを目指しています。

お二人ともおっしゃっていたのは、行政で働いている方で地域のため、日本のために活動する想いをもたれている方は多いということです。とても頼もしく感じました。
我々が行政の方々と一緒に地域等のために協力したら、すごいことができると感じました。

また、添付の記事の下記と同様のことをおっしゃっていました。
「行政のイベントの予算は限られているので、市民の方にボランティアでお願いすることが多く、協力の謝礼は支払えない。
どうやって市民の方のモチベーションを上げるかというと、大切にしているのは、市民の方に協働のメリットを明確に提示すること。例えば、趣味でやっていたことがオフィシャルになる、起業したい人なら自治体での実績がプロフィルに書ける、人的ネットワークが広がる、といった具体的なリターンを示す。もちろん、市の側でできることは全力でサポートする。」

行政と共に活動することは、我々にも得られるものがたくさんあります。

また、パネラーから参加の皆さんに以下のコメントがありました。
・鳥の目で俯瞰して、全体を話せるようになる。
・補助金には政策目的があり、それを理解する。
・創業支援、ベンチャー企業の支援は、お金に変えられない得られるものがある。

思いのある人達が協業して、共により良い社会を築いていけたらと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA