Googleマイビジネスに勝手に登録・編集された場合の正しい対処法

Google マイビジネスに勝手に自分のお店が登録されていたり、編集されたりすることがあります。正しい対処法を知ることで、自店舗をこれまでより多くの人に知ってもらい、自社のセールスポイントをアピールすることができ、顧客を増やすことができます。Googleマイビジネスの活用する方法をご紹介します。

1.Googleマイビジネスが勝手に登録や編集される理由

Googleマイビジネスに自社が勝手に登録や編集される理由は、Googleによる編集とユーザーによる登録や編集の2種類があります。それぞれの詳細について解説します。

1-1 Googleによる編集

Google に表示されるビジネスの詳細情報は、さまざまな情報源からの情報を反映していて、ユーザーにできるだけ多くの最新情報を提供することを目的としています。ビジネスに関する詳細情報は、所有者から提供された情報、ユーザーから寄せられた報告、ビジネスの公式ウェブサイトおよびその他の情報源から取得されます。

たとえば、レストランを検索すると、営業時間や所在地など、所有者が登録した情報が表示されます。さらに、メニューへのリンクやユーザーがアップロードした食事の写真など、所有者が登録していな情報も表示されることがあります。ユーザーによる情報とビジネスの公式ウェブサイト等の情報源からの情報が一緒に表示されることで、ユーザーはそのお店について判断できるようになっています。

1-2 ユーザーによる登録や編集

Google にはローカルガイドという仕組みがあります。ローカルガイドとは、ユーザーの世界的なコミュニティで、Google マップにクチコミを投稿したり、写真を共有したり、質問に回答したり、場所の追加や編集を行ったり、情報の確認等ができます。ユーザーが、旅行の目的地、レストランやショップ、アウトドア施設やテーマパークなどを選ぶときに、ローカルガイドのクチコミ情報を参考にしています。

ユーザーによる登録や編集方法ですが、Googleマップの「地図に載っていない場所を追加」をクリックします。

すると、ユーザーがお店の名前や営業時間等を入力できます。

上記のようにユーザーが自店舗の情報を勝手に登録している場合は、自分をオーナーとしてのアクセス権を取得しましょう。

ビジネスオーナーになると、無料の Google マイビジネスを使って、色々な情報を追記したり、写真などの詳細を簡単に管理できます。

オーナーとしてのアクセス権を取得する手順ですが、自社を見つけたら、「ビジネス オーナーですか?」の部分をクリックします。

次に「管理を開始」 をクリックします。確認オプションを選択して、画面の手順に沿って設定します。

次に、オーナー確認を行う必要があります。ハガキによるオーナー確認の他、管理するビジネス リスティングのタイプによってはメールと電話によるオーナー確認ができます。

2.店舗情報が編集されたときの対処法

店舗情報をユーザーに編集されることがあります。この場合の対処法も知って、適切に修正することで、店舗の信頼度があがります。

2-1 管理画面から情報を戻す・修正する

Google マイビジネスにログインします。画面左にあるメニューで 「情報」 をクリックして、編集を行います。各項目を編集後、「適用」 をクリックします。編集内容を送信すると、編集した情報の横のステータスが「審査中」 となります。

2-2 悪意のある編集と感じたときの対処法

幾度も修正されるなど悪意のある編集と感じたときは、Googleの「お問い合わせ」から相談できます。

ただし、Googleではユーザーの利便性を考慮して、店舗の表示をするようにしていますので、悪意なく店舗情報が掲載されることも多いです。

3.勝手に登録された情報の削除方法

勝手に登録された店舗情報があるけれども自社で運用や管理が出来ない場合や対応をしたくない場合に削除する方法は、Googleに削除申請をする方法とオーナー権限で削除する方法の2つがあります。

3-1 Googleに削除を申請する

パソコンで Google マップにアクセスして、削除するビジネス情報を見つけます。そこで「情報の修正を提案」をクリックします。

「休業とする、または削除する」をクリックして、当てはまる理由を選び、「送信」 をクリックします。

リクエストを送信すると、その提案が審査されます。リクエストへの処理状況や、審査チームからの質問についてのメールが Google から届く場合があります。承認されると、提案されたビジネス情報はマップから削除されます。

3-2 オーナー権限で削除する

オーナー権限で削除する場合は、Google マイビジネスにログインします。画面左にあるメニューで 「情報」 をクリックします。「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」 の部分の「リスティングを削除」をクリックして、次の画面で 「削除」 をクリックします。

4.正確な情報が信頼・集客に繋がる

間違った店舗情報を掲載していると、顧客が来店した際にがっかりして、信頼を失うことになります。定期的に確認をして、修正しましょう。

4-1 Googleマイビジネスは運用が大切

今は多くの人がお店を調べる時にGoogleで検索をします。検索して、お店に興味を持って、来店して、そこで満足することで顧客の獲得につながります。

一方で、古い情報が載っているとユーザーの信頼を損うことになります。Googleマイビジネスをしっかりと運用して、定期的にメンテナンスをすることが大切です。

また、それがGoogle Map上で自社店舗を上位表示させるMEO対策強化や集客に繋がります。

さらに電話、メッセンジャー、クチコミの投稿を通じて、自社とユーザーが簡単につながることができます。交流方法を増やすことで、ビジネスを拡大できます。

Googleのユーザー調査によると、クチコミに返信しているビジネスへの信頼度は 76 %、そうでないビジネスへは 46%。1.7 倍の差がありました(「Benefit of a Complete Google My Business Listing」Google / Ipsos 調査( 2016 年 10 月、調査母数:15,904、18 歳から 64 歳へのアンケート)より)。https://www.google.co.jp/intl/ja/business/business-profile/

また、Google 検索や Google マップで自社を見つけたユーザーに対して、以下のような特典、ニュース、イベントなどについて伝えることができます。

・ジャズブランチやインストア セッションなどのイベント
・セールスや割引などの特典
・「今週の土曜日は夜遅くまで営業」や「今週の特別ゲスト!」などのお知らせ

投稿には、写真や動画でユーザーの目を引き、最後に「ご購入ください」、「オンラインでご予約を」、「詳細を見る」、「お電話お待ちしております」、「ご来店お待ちしております」などの行動を促すフレーズを含めると効果的です。

自社のビジネスをフォローしてくれている人に直接特典を提供することで、リピーターになることを促すこともできます。

4-2 定期更新が集客に繋がる

魅力のある写真や特典情報を掲載することで、ユーザーが自店舗に行きたいと思ったり、商品を購入したくなります。情報を定期的に更新することで、自社のセールスポイントをアピールしたり、リピーターを増やしたりすることができます。

商品やサービスの古い情報が記載されたままでは、見た人のお店への信頼低下に繋がります。常に情報をアップデートすることが新しい顧客も惹きつけ、集客に繋がります。

さらに顧客は一般的な情報以上のものを求めていますので、次々に新しい情報を掲載することで、ユーザーの興味を惹くことができます。

4-3 投稿を分析

Googleマイビジネスのオーナーは、投稿の分析をすることができ、分析情報によって、投稿への潜在顧客のアクセス数がどの程度見込まれるかがわかります。「投稿」 タブで、個別の投稿、先週の全投稿、先月の全投稿の情報を確認できます。

情報は、ほぼリアルタイムで表示されます。ユーザーが投稿に関わると分析情報は継続的に更新されます。投稿に関するほぼリアルタイムのデータを利用することで、投稿がビジネスにどのように役立つか把握できます。

概要には、過去 1 週間の再生回数が表示されます。概要から、投稿の成果に関する情報がわかります。増減があった場合は、個別の投稿の分析情報で詳細を確認できます。

投稿の分析情報では、公開した投稿の閲覧数とクリック数が表示されます。これらはパソコンまたはモバイルアプリで確認できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA