メンター研修

最初は傾聴から始まった。その後にアドバイス、同じ立場で理解する等、色々な方法が出てきた。ケアかセラピーか。文章でのやり取りであればケアが好ましい。

何がいいのか
1.情報交換
   当事者にしかわからない情報
2.同じ経験があることの免責
   自分だけがおかしいと思っていた
3.先輩をまねる
   同じ経験の乗り越え方のモデル
4.癒すことによる癒し
   助けることで助けられる

セラピー
・傷つきと向き合うこと⇒雪だるま君、君は溶けてしまうんだよ
・ニーズを変更すること
・自立を促すこと⇒手を出すのを控える、⇒傷つきに触れることの難しさ

あなたらしくやりましょう
・あなたの経験を伝えるとよい 押し付けなければ
・「焦らないように」というより「私もそういう時に焦りましたが、それでこういう失敗をしました」という感じ
・あなたの個性が見えた方が、相手は安心するはず

ただし、ざわざわすることは
・あなたの心が熱くなっているときは要注意
 ・共感にせよ、怒りにせよ
・それはまだ癒されていないあなたの部分
 ・生傷の部分
 ・それは乾くまで待った方がいい
 ・個人的に扱った方がいい
・乾いた傷で勝負しよう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA