講演は本と同じで、あらためて気づきがある

東京都中小企業診断士協 城東支部の新年会が開催されました。

株式会社 浜野製作所 浜野慶一代表取締役CEOにご講演をいただきました。以前にご講演の座長を務めさせていただき、その時に事前に他で行われる講演を幾つか拝聴しました。

今日の講演内容は知っている内容でしたが、あらたな気持ちで聞いて、とても良かったです。本と同じで、時間をおいて聞くことで、あらためて感じることがあると思いました。また、知っているからと斜に構えると大事なことを逃してしまうと思いました。

事業構造を変えないといけないと多くの人が思っていても日々の仕事に追われてしまう。そして色々な道はあるけれども自社の強みを生かすことを選んだ。
ちょうど昨日に診断士のグループのオンライン意見交換会がありました。代表が今後の構想を話して、その話に参加している人も面白そうと言っていました。その時に代表は、診断士の仕事の問題点を打破することをずっと模索していたと言っていました。私も同じことを感じていました。そしてそれは今日の浜野さんのお話しと同じと感じました。

以下はメモになりますが、他社と組む時のポイントは、理念、方向性を揃える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA