行政提案のポイント

行政協働に必要なノウハウを学ぶ 
〜官公庁ビジネスのプロフェッショナルによる行政提案のポイント講座〜
古田智子氏(株式会社LGブレークスルー)

スタートアップの提案活動 つまづく理由
・案件化のプロセス
・スピード
・包括連携協定
・予算
・タイミング・時期
・文化・言語の違い
・提案資料

知彼知己百戦不

提案活動の進め方
・実証実験に取り組んで信用度アップ
・仕事を受託してマネタイズ

ターゲット自治体の選び方
・首長の政策
・専門官がいる
・支援団体加盟 スタートアップ都市推進協議会加盟の自治体

提案先は自治体のどこか
・首長に提案
・官民連携窓口に提案
・執行部に提案

スケジュール

提案から案件獲得までの基本プロセス
1.自治体の課題とその背景を把握する。
2.課題解決に自社を選んでもらうための提案を明確にする。
3.提案書を作成し

提案書作成のポイント
提案書提案活動の進捗に伴い、提案資料は3つの形態に変化する
第1形態:ヒアリング提案書
第2形態:事業提案書
第3形態:仕様書

使ってはいけない提案書 ワースト3
1.投資家・VC向けの提案書
2.「解像度が低い」提案書
3.「加点を目指す」提案書

提案書の基本要素と書き方のポイント
事業提案書の基本構成
1.背景と目的:自治体を取り巻く課題などの状況を整理
2.事業の概要:事業の全体像と概要
3.事業の詳細
4.事業の効果
5.事業の特徴
6.事業スケジュール
7.事業実施体制
8.業務実績
9.見積書
10.おわりに
11.会社概要・担当者連絡先

提案活動の精度をあげるために
・自治体職員主催のコミュニティ・ネットワークへの参加・支援

スタートアップに求められる3つの覚悟
1.税を預かる覚悟
2.逃げずに伴走する覚悟
3.社会インフラを担う覚悟

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA